スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

債務危機は去ったか(朝日新聞)を読んで

要約
・ギリシャがデフォルト(債務不履行)に陥ったのに市場が平静な理由は
 不履行を予測していた人が多かった、また国債に損が出た時に支払わ
 れる保険の一種のCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)を多
 くの金融機関が保有していた為。
・ギリシャが示す教訓は、財政の規律の大切さ。
 管理できずにどんどん肥大化する公的組織をそのままにしたことが
 借金をつくる要因になった、また国民の年金の負債も多額。
 年金受給者の既得権益に踏み込んで削減するなど、適切な管理が出
 来ていない。その為に、返せなくなるまで借金が増えた。
・日本政府全体の債務残高はGDP比で220%を超えている。
 主要国で一番高くギリシャより悪い。それでも日本がギリシャのよう
 にデフォルトを起こさないのは、国内で買い支えているから、つまり
 国民の預金を通じて金融機関が国債を買っていると言う意味。
 しかし、年々国内で買い支える力は弱まっている。
・デフォルトに陥らない為には、財政規律を持つことが大事。
 他国では国債の発行上限を決めるルールを持っている。
 日本にはそういうルールが存在しない。
・欧州危機が収束してもしなくても、「次はどこが危機に陥るのか?」
 という連想が働く。
 日本の財政がこのまま迷走を続けると、日本の債務が不安視される
 可能性が高まる。
・日本政府は増税に焦点を置いているが、国の収入を上げるだけでは
 財務再建には限度があり、年金などの支出を抜本的に解決していか
 ないといけない。
・最終的には国民が現状の財政状況に関心を持ち、ポピュリズム
 (大衆迎合主義)に陥った民主主義にならないように、政府が
 優先順位をつけて迅速に改革をしていかないといけない。



感想
この記事を読んで、ギリシャ危機が及ぼす世界への影響の大きさを
再認識出来ました。
ギリシャでの危機だから日本には関係ないなんて考えるのではなく、
寧ろ、ギリシャ危機を教訓にしてギリシャのような状況に陥らないよう
に国民一人一人が政治に関心を持っていかないといけないなと感じま
した。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まあ日本が終わったら世界も終了だと思うの
GDP世界三位は伊達じゃない

増税しなきゃいけないってことは、みんなわかってると思う
だけど政治家を信用できないっていう

>まさや

確かに日本は崩壊すると言われ続けているのに
しぶとく免れているよね。

問題は正にそこだね!
今までの行いの付けが回ってきたね。

政治家はより迅速に明確に政策を行っていかないと
いけないね!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。